2011年04月25日

リュクサンブール公園周辺

またまたしばらく日本にいたので、パリに帰って来て久しぶりにパリ散歩。
やっぱり行き先は程よい距離のリュクサンブール公園になるわけで・・・

隣を歩いていた相方が突然、「あれ、誰!?」

像@バルコニー

何かと思ったら・・・おじさんの像でした。
なぜバルコニーに・・・謎
さすがは高級住宅地というべきか。。。


リュクサンブール公園到着。
冬の間、寒さに弱い木たちはオランジュリーの中で過ごします。
本来はオレンジの木を収容する建物だったんでしょうけど、いろんな木が入ってました。
ちなみにこの建物、夏場はいろんなアートの展示場になってたりします。

春先のオランジュリー


オランジュリーの前はチューリップがきれい。

チューリップと像@リュクサンブール


花の先に浮かぶ白い姿が印象的でした、奥の彫刻。

チューリップと像A@リュクサンブール


パリ市の気温、この時点で32℃くらい。
日光浴する人もたくさん。
公園の並木とパリの街並、遠くにはパリ天文台が見えます。

日光浴@春のリュクサンブール


ぼちぼち出ようかと方向を変えて、左手にはフランス上院議会(SENAT)、右手奥にはオデオン座の後姿♪

上院議会とオデオン座裏@リュクサンブール


リュクサンブール公園名物(?)の噴水。マイナスイオンがたくさん飛んでそうです。
のどかに浮かぶカモと囲いになっているツタが印象的。

噴水


さて、公園を出てコンデ通り方向へ。
あれ、何??と指差した方向は。。。

アパートてっぺんの吊るしフック

妙な感じでペイントしてある壁は置いといて、てっぺんからぶらさがっているもの。

これは昔、中の階段や通路が狭くて大きな家具なんかが運べないような時
この金具にロープを引っかけて持ち上げていたんだそうです。


まだ健在でした、1年中ノエルの店。
Pâques(イースター)真っ最中のこの時期、このお店もウサギとタマゴになってました。

ノエルの店@


でも半分はやっぱりノエル(笑)

ノエルの店B


すぐ近くに「スピリッツショップ」なるものが。
近づいてみると、ウォッカとかウイスキーとか、確かにスピリッツ商品(?)がたくさん。

なんと、日本のウイスキーまで揃っているのに感動。

スピリッツショップ


帰り道すがら、見つけたイースターエッグ。

イースターエッグ


夫曰く、昔フランスでは学校で作っていたんだそうです。
今は・・・キリスト教徒じゃない人もたくさんいるから難しいのかも。


そんなこんなで久々観光客気分の街歩きなのでした。



posted by かりん at 21:47 | パリ | Comment(0) | パリ散歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
BBS7.COM
MENURNDNEXT
にほんブログ村 雑貨ブログへ
AE-STYLE-STOREパリ蚤の市のフランス雑貨シェ・ノエミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。