2008年02月17日

ヨーロピアン長持

CIMG0962.JPG


夫のおじいちゃんの代から伝わる長持。

世界中を航海する船の乗組員だったおじいちゃんが、1930年代にアメリカから持ち帰ってきたそう。

上に書いてあるのはそのおじいちゃんの名前。
LEで始まるブルターニュ地方独特の苗字です。

フランスの物ではないけど、舶来品っぽい雰囲気が漂ってます。

横78cm×縦42cm×高さ33cm。

大きくて、存在感あり。


かなりしっかりしてます。
重たくて、持ち運びは無理。

でも昔はみんなこれを担いで移動したらしい。
横には革の取っ手がついてるけど、切れちゃってます。


蚤の市とかアンティークショップで時々見かけるけど、だいたいどれもぼろぼろです。

なのにやたら高い。

こうゆうの買う人、いるんでしょうか。
いるんでしょうね、どっかに。。


正面から見るとこんな感じ。

CIMG0967.JPG


横の二つは引っかけるだけ、真ん中が鍵穴。
鍵がないと開きません。


左下の黒っぽいのが鍵。古そうでしょ。

CIMG0965.JPG


重いので、うちでは下に車輪付きの板を置いて
その板ごと押したり引いたりできるようにしてあります。


中は二段作りで、かなりたくさん入ります。
上の段は浅め、下の段はかなり深め。

上の段に電球とかの備品系、下の段にはベッドカバーとかいろいろ、布製品を突っこんでます。

CIMG1146.jpg


ちょっとぐらい浮いちゃっても鍵で閉めちゃえば大丈夫。


いまだに現役で、壊れもせずにがんばってます。
丈夫なのでイスにもテーブルにもなれる、おりこうさんです。




posted by かりん at 03:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィンテージもの
BBS7.COM
MENURNDNEXT
にほんブログ村 雑貨ブログへ
AE-STYLE-STOREパリ蚤の市のフランス雑貨シェ・ノエミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。