2009年02月07日

食器シリーズ|ヴァンヴの蚤の市

久しぶりにヴァンヴの蚤の市の写真でも。
(実は去年の6月頃のものですが・・出てきたの。)


銀食器あれこれ。

銀食器|ヴァンヴ蚤の市@パリ

銀のお皿、銀のトレイ、銀のポット、
真ん中のでこぼこしたのは、ババロアなんかを作るときの型でしょう(多分ね)。

その右下にある取っ手つきの小皿みたいなのは、
ソムリエがワインの試飲に使うカップ(っぽい)。
正式名称『タストヴァン』もしくは『タットゥ・ヴァン』(taste-vin ; tâte-vin と書く)


ティーセット|ヴァンヴ蚤の市@パリ

きれいな陶器のティーセット。
残念ながら何焼なのかはわかりません。。

ブルジョアのかほりがしますね。
セレブな人たちは、こんな道具で午後のお茶を楽しむんでしょう。


顔のカップ|ヴァンヴ蚤の市@パリ

顔のマグカップ?小さいのは卵のせ??
できれば夜中に目をあわせたくないかも。。


海底から出てきたビン・ボトル|ヴァンヴ蚤の市@パリ

年期の入っていそうなビン・ボトルたち。

「海底に沈んでいたのを発見した」とお店の人は言っておりましたが、
実際どうなのかなんて、知る由もなく・・・


ヴィンテージピクニックセット|ヴァンヴ蚤の市@パリ

ヴィンテージ?のピクニックセット。
『大草原の小さな家』を彷彿とさせます。

こんなの持ってピクニックしたら楽しそうだしかわいいけど、
汚れたお皿とかどうするんでしょうね。


調味料の引き出し|ヴァンヴ蚤の市@パリ

今回かなり気になった一品。
調味料とかコーヒー・紅茶なんかをしまう箱(棚?引き出し??)

左上から『パスタ・砂糖・小麦粉』左下から『コーヒー・米・紅茶』
一番下の段にはハーブの名前が書いてあります。

実際に食料品を保存するには実用的じゃないけど、
部屋の小物入れなんかに使うと、おしゃれそう。

ちなみに木の部分に穴が開いてるのは、虫食い。
「これが多い=古い」ということになるらしい。
(そのためわざと穴を開けてあることもあるそう・・・)

穴なんてあいてなくていいんだけどな。。



タグ:食器
posted by かりん at 19:38 | パリ 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蚤の市:食器

2008年03月03日

食器

銀の大プレート@パリ・ヴァンヴ蚤の市

まずは堂々とした銀のプレート。
40cmくらいあったかな。大きくて、重い。

ちょっといいレストランで魚の塩蒸しが乗ってた記憶が。。

でも、家庭で使うなら、私だったら何に使うかな。
やっぱりデザートかしらん。
フルーツてんこもりというのも悪くないかも(なまけもの)。


アンティークカンペール皿@パリ・ヴァンヴ蚤の市

でました、カンペール。
直径20cmくらい。
裏にはちゃんと台の跡が残っています。
(ヨーロッパのお皿は裏まで釉薬をかけるため、
古いものにはその台の跡が残っています)


天使のお皿。かわいい。軽い。きれい♪

天使の皿@パリ・ヴァンヴ蚤の市


値が張るものばかりかと思いきや、こんなコーナーもあったりして。
だいたい一つ1ユーロか2ユーロっていうのが多いです。
掘り出し物は、こうゆうところに埋まってます(多分、きっと。。)

掘り出し物コーナー@パリ・ヴァンヴ蚤の市



続いてグラスコーナー。


ここは、クリスタルのグラス専門店。
繊細、華奢、割れ物注意。

クリスタルグラスセット@パリ・ヴァンヴ蚤の市

恐る恐る『乾杯』のふりだけしてみたら
「ちーん」と涼しげないい音がします。

こんな風にして飾ってあるところは、一個だけで買えません。
何個かまとめないと、売ってくれない〜


取っ手つきグラスセット@パリ・ヴァンヴ蚤の市

クリスタルに比べるとだいぶカジュアルなグラスセット。
熱いものでも持てるように持ち手がついてます。
甘くて濃くて熱ーい紅茶がおいしく飲めそうです。



足長シャンパングラス@パリ・ヴァンヴ蚤の市

脚の長ーいシャンパングラス。
フラミンゴと勝手に名づけました。



カフェオレボール@パリ・ヴァンヴ蚤の市

最後に、フランス人の朝のお約束、カフェオレボール。
(茶碗じゃありません)
上記の掘り出し物コーナーにあるようなものから一つ数十ユーロまで、
値段はさまざま。
このお店にあるのは一つ25ユーロくらいから。

あと、真ん中右側のおちょこの変形みたいなもの、
これは卵をのせるもの。

半熟卵を上にのせて、ナイフでこつこつ半分くらい割って、
塩振ってスプーンで食べます。

この食べ方なかなか難しいんだ、これが。。。
posted by かりん at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蚤の市:食器

テーブルウェア

パリ・ヴァンヴ蚤の市の写真画像

テーブルウェアの巻。

食器、テーブルウェアが多いお店。

写真の手前右側にある燭台は古い映画に出てきますよね。
お城みたいなところのディナーのシーンなんかで。

どっしりしたガラスの花瓶も素敵でした。
ちょっと重い。倒れる心配なし。


ワインポーター@パリ・ヴァンヴ蚤の市

これは、ワインを持ち運ぶための道具。
古そうです。
普通のお店に行けば、きれいなものが手に入ります(笑)

こんなのバルコニーに飾っても面白いかなと。
中に植木鉢とか置いてみたりして。


カトラリー整理箱@パリ・ヴァンヴ蚤の市

この箱、よく見ると
「ナイフ」「スプーン」「フォーク」などと書いてあります。
見た通り、カトラリーケース。

つまみを引っ張って開けてみると、中は青系のギンガムチェックの布が敷いてありました。
開けてもかわいい。



あとは、多かったのが銀製品。


シルバー食器@パリ・ヴァンヴ蚤の市

手前が銀のフォークとスプーンにおたま、
奥はワインのボトルを冷やすためのボール。
奥の右側のはアイスペール?かな。


CIMG1338.jpg

この写真の真ん中よりちょっと上のリングみたいなのもの。
これは、ナプキンを通すためのもの。
うちではクリスマスの時くらいしか使わないけど、
お客さんが来た時なんかに使うとおしゃれ。


真ん中のカップみたいのは、よくわかりません。
マドレーヌの型?まさかね。。

多分、各自好きなように使って問題ないでしょう。
カレー食べる時に福神漬けとからっきょうとか入れてみたり(笑)


上のほうにあるガラスのビンみたいなもの、
これは多分、マスタード入れ。
レストランなんかにいくと、マスタードは
こうゆう入れ物に耳かきくらいの大きさのさじが入ってます。

あ、日本でも同じかー・・
posted by かりん at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蚤の市:食器
BBS7.COM
MENURNDNEXT
にほんブログ村 雑貨ブログへ
AE-STYLE-STOREパリ蚤の市のフランス雑貨シェ・ノエミ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。